ネイリスト技能検定は独学でも合格できる?合格のコツは?

f:id:aisakayo:20181227081147j:plain

ネイルをするのが好きで、ネイリスト検定を受験したいと考えてはいませんか?

スクールに通うのもお金がかかるし、時間もないから独学で合格をしたいという人も少なくありません。

ネイリスト検定は独学でも合格できるのか合格のコツについて中心にお伝えします。

3級

3級は独学で合格する人も多い

3級はネイリストとしての基礎的な知識と技術があると証明する資格です。

合格率も80%と難易度も低く独学で合格する人も多いです。

3級は市販の本やYouTubeの動画、ネットの情報を参考にして、技術や知識を身につけたという人も合格しています。

ネイルが趣味の方なら試験対策さえきちんとすれば、合格しやすいといえるでしょう。

3級検定合格のコツ

独学で勉強をしてきた人は実技試験で時間が足りなかったや規定違反をして、失格になってしまったという方が多いです。

日頃からストップウォッチを使って、時間内に仕上げる練習をしたり、規定違反をしないようにしっかりと検定要綱を読み込むようにしましょう。

試験を受験する前に、早めにモデルさんを決め、ケアを行っておけば、試験当日のケアの時間も短くすることができます。

実技試験で描くことになるフラワーについては、3色以上使用して、大きい花と小さい花と複数のモチーフを描くことです。

3級で不合格になった時は?

3級の実技で合格できないという人は知らないうちに基礎的な技術に誤りがあり、減点されてしまったり、失格となるミスをしてしまったということが多いようです。

そのため、スクールなどに通い、プロからきちんと教えてもらいましょう。

ネイリスト技能検定は通信教育よりもスクールやカルチャースクールなどを探し、人から直接教えてもらったほうが先生な手指の感覚を知ることができる上に、技術も身に着きます。

2級

2級はつまずきやすいが、独学も不可能ではない

2級はプロのネイリストとしてサロンに勤務しても大丈夫な技術力と知識があるということを証明する資格です。

そのため、試験内容も3級に比べて実践的な内容になります。

合格率も40%と難易度も高めです。独学で合格する人もいますが、多くはありません。

独学で合格した人はかなりの努力をしていることがほとんどです。

独学者は2級でつまずきやすい

独学で勉強してきた人は、2級以上から合格できずにつまずいてしまうことが少なくありません。

そのため、2級に不合格になってから、スクールに通い始める人も多いです。

プロのネイリストとして働きたいのなら、この2級の取得は最低限必要になります。

未経験者・初心者歓迎のネイルサロンも多いので、このようなサロンで働きながら取得を目指すのも1つの手です。

2級合格のコツ

プロレベルの技術を求められる2級の検定試験はアートのレベルも高いものを求められるます。

3級以上に細かい部分をチェックされているので、細かな作業も丁寧にしましょう。

ライン取りの美しさも採点基準なので、ポリッシュの濃度も調整しましょう。

時間配分が大事だけど手抜きと思われないように 

時間切れで不合格になってしまう方もいます。

時間配分も大切なので、試験前にしっかりと時間配分を決めた練習をしましょう。

前半試験が短時間のため、ポリッシュオフしやすいように事前に塗るポリッシュを1度塗りだけすると手抜きと見られてしまうため、減点の対象になってしまいます。

受験前にしっかりと道具や指定のカラーを見直して

指定のカラーを間違えてしまう方もいるので、受験前にしっかりと確認することが必要です。

3級から使っているニッパーも少しだけ曲がっていることもあるので、道具も見直して買い替えを検討するのも大切です。

1級

1級は独学での合格は難しい

1級合格というのは経験豊富なプロのネイリストも不合格になっているのが実情です。

独学で合格した人も少数派。スクールに通っても合格できない方もいて、かなり難易度の高い試験になります。

合格のコツ

難易度の高い試験のため、時間切れによる不合格の方が2級より多くなる傾向にあります。

そのため、練習をひたすらにするというのが月並みですが、合格のコツです。

独学のメリット・デメリット

独学のメリット

独学のメリットは自分の好きな時間に自分のペースで勉強ができることです。

また、スクールに通う費用も必要ないので、お金も安く済むというのもメリットになります。

独学のデメリット

独学のデメリットは2つあります。

  • ネイルなどの作業に自分でも気づかない自己流のクセがついてしまうこと。
  • 独学では細かな感覚などがわからないこと。

2級に落ちたことをキッカケにスクールに通い出したけど、スクールで自己流のクセを直すのに時間がかかり、苦労をしたという人もいます。

独学はお金がかからないのがメリットですが、プロから教えてもらう機会がないため、技術の習得までに時間がかかったり、細かい感覚が掴めないというのもデメリットです。

プロになりたいか趣味で楽しむかハッキリさせよう

スクールは決して安いとは言えませんが、プロのネイリストになりたいのなら、最初から独学ではなく、研修つきの未経験歓迎のサロンに勤めるかスクールに通ったほうがいいです。

これなら変な自己流のクセもつきませんし、技術の習得も効率良くすることができます。

ただし、趣味としてネイルを楽しむのなら、ネットを参考にしたり通信教育でもいいでしょう。

関連記事

ネイリスト技能検定試験 - 大人女子の資格活