アロマテラピー検定とは?合格率と勉強方法は?どんな仕事で有利になるの?

f:id:aisakayo:20190102090756j:plain

アロマテラピー検定とは?

アロマを有効活用するための資格

公益社団法人日本アロマ環境協会主催の検定です。

香りを安全に楽しんだり、有効活用するための知識を問う資格になります。

1級と2級があり、1級は家族や周囲の人々と香りを楽しむため。2級は個人で楽しむための知識を問うという位置づけです。

どんな人が受験してるの?

この資格は趣味で取得している、もしくは今従事している仕事の幅を広げるために取得する社会人が多いという特徴があります。

サロンでアロマを生かしたいセラピストやエスティシャン、患者や利用者に施術してあげたいという看護師や介護士、アロマを扱う雑貨店員といった人々です。

試験概要

試験の開催時期

春と秋の年2回

場所

全国34都市での開催です。

受験資格

受験資格は特にありません。

受験料

2級1級ともに6,480円。併願の場合、12,960円です。

申し込み方法

  • インターネット
  • 郵送

合否発表

郵送で通知されます。

試験内容

【1級】70問

【2級】55問

どちらの級でも香りを嗅ぎ分ける香りテストがあります。

香りは1級と2級では違います。

勉強方法

アロマテラピー検定公式テキストと香りテストに対応した精油が市販されています。

基本はテキストを暗記し、香りテストの精油を薄めて嗅いで、臭いを覚えるのがメインの勉強方法です。

合格率

1級・2級ともに90%。

非常に合格率の高い試験です。

収入・就職

アロマの仕事は無資格でも可能

アロマテラピー検定自体が民間資格のため、アロマ関係の仕事は無資格でも可能です。

そのため、アロマテラピー検定の資格があるからといって、収入や就職で有利になることはあまりありません。

しかし、資格があると香りについての知識がしっかりある人という評価をもらえますし、お客様の安心感に繋がる可能性があります。

そのため、アロマセラピストなどアロマ系の職業で働きたいという場合は取得しておいたほうがいいでしょう。

収入は低い

アロマセラピストの仕事は収入が低いことがほとんどで、辞める人も多いという実態があります。

アロマを仕事にしたいのなら、アロマテラピー検定以外にもアロマアドバイザーといった他の資格も取得したほうがいいでしょう。

ただし、マッサージなどを行うも多いですが、医療行為と認定された場合、法律違反になってしまうため、注意が必要です。

独立

金銭的に苦労することが多い

アロマはサロンの施術の1つとして取り入れることが多く、メインでの施術は難しいという側面があります。

セラピストとして独立をしたいのなら他のリラクゼーションも学んだほうがいいでしょう。

これはお客様からマッサージなどの要望が出ることもあるため、様々な要望に応えることができたほうが収入も安定しやすいからです。

セラピスト以外のアロマ系の職業も経費が多いため、利益は少ないようです。

アロマの仕事はやりがいを感じている人も多い

アロマを仕事にするのは就職・独立ともに楽ではありませんが、香りが好きな人にとってはかなりやりがいのある仕事になります。

アロマ単体で何かをするのではなく、アロマを生かしながら何かをすることでうまく収入に結びつけていくことが大切です。

関連記事

アロマテラピー検定は妊婦が受験しても大丈夫? - 大人女子の資格活