秘書検定は取っても無駄な資格なの?

f:id:aisakayo:20190201091825j:plain

秘書検定を取りたいと周りに言ってみたら、「就職には役に立たない!」といわれてしまう人も多いようです。

言われてしまうと、「秘書検定は取っても無駄な資格なのか」「違う資格を取得したほうがいいのか」と迷いが生じてしまいます。

秘書検定は本当に役に立たない資格なのでしょうか?

 

秘書検定はどんな資格?

基本的なビジネスマナーを学べる資格

正しい文章の書き方、職場での振る舞い方、正しい敬語の使い方などビジネスで役立つマナーが身についていることを証明することができます。

どんな人が資格を取るの?

就活中の女子大生やビジネスマナーをしっかりと身につけたい社会人が多いです。

秘書検定が無駄といわれる理由

理由①女子大生が履歴書を埋めるために取る資格というイメージ

秘書検定の2級や3級はちょっとテキストを読んだら合格をしたという人もいるくらいに、資格の中では難易度が低いです。

面接官の多くが秘書検定2級と書かれた履歴書を見てきています。

そのため、履歴書の資格欄に特に書くことのない女子大生が、履歴書を埋めるために取得するというイメージがあるようです。

多くの女子大生が取得しているため、学生の就活で役立つことがほぼありません。

理由②仕事で評価しづらい

秘書検定は職場におけるマナーの資格です。

たとえば、簿記やMOSなら職場ですぐに生かせるため、評価するほうも簡単に評価することができます。

マナーは成果が視覚化しづらいため、評価されづらい資格です。

秘書検定は取っても無駄なの?

マナーは知っていて損はない

実用的な内容のため、手紙を書く時や席順決め、振る舞い方などに役に立っているという方が多いです。

給料に反映されたり、就職に有利になるということはありませんが、職場における人間関係構築には貢献してくれます。

中には、親戚付き合いにも役に立っているという方もいるようです。

秘書検定準1級や1級なら評価されやすい

秘書検定3級は知っていないと恥ずかしい基礎的な内容であり、2級は女子大生ならば、ギリギリ履歴書に書けるというレベルとされます。

理由は上記は筆記試験だけだからです。

一方の準1級や1級は面接があるため、難易度が跳ね上がります。

そのため、準1級や1級レベルならば、面接官によっては評価してくれます。

秘書検定が評価されやすい業界や職場は?

直接お客様と接する職場で評価されやすい

意外かもしれませんが、秘書検定は接客業などお客様と直に接する職場で評価されやすかったりします。

ただし、あくまでも評価されやすいであり、実際に評価されるかどうかは面接官次第。

事務職であったとしても、秘書検定を持っていたために受付や顧客対応が必要な部署に配属された人もいるようです。

秘書検定は取って損はない

秘書検定は資格手当がもらえたり、直接給料が上がったり、特定の業界に強い資格ではありません。

しかし、その内容はとても実用的な内容なもの。

社会人であれば、秘書検定や業種に関係なく、どこかで学ぶ機会が必ずあるものばかり。

給料などに反映しづらい代わりに、どの職場であっても活かすことができます。

学生のうちに取得してもいいですし、社会人が改めてマナーの勉強として取るのにも最適です。

関連記事

秘書検定とは?年収・難易度・独学は可能?勉強方法は? - 大人女子の資格活

秘書検定は履歴書には何級から書ける?正式名称は? - 大人女子の資格活