サービス接遇検定は何級から履歴書に書ける?書き方は?

f:id:aisakayo:20190211094823j:plain

履歴書に書くために、サービス接遇検定の試験を受けたいけれど、何級から履歴書に書けるのか疑問に思っていませんか?

せっかく資格を取得したのに、面接官から笑われるようなことだけは避けたいですよね。

履歴書に書くためには何級を受験すればいいのか、履歴書へは何と書けばいいのかをお伝えします。

 

サービス接遇検定は何級から履歴書に書ける? 

基本は何級からも書けるけど、最低ラインは2級から

基本は何級からであっても履歴書に書くことはできます。

しかし、元々、資格自体の知名度が低い及び合格率が高い試験なので、3級や2級では評価されることは少ないです。

3級は評価されないどころか2級に合格できないから3級と書いているのだろうと疑われることもあります。

就活生の場合は2級でも、「最低限の常識を知っている」と評価してもらえることもあります。

社会人は3級や2級なら知っていて当然レベル

3級は知っていて当たり前の常識問題が出題されるため、社会人がこの資格を履歴書に書きたいのなら、準1級以上を目指しましょう。

資格の有無より実務経験のほうが評価されやすい

サービス接遇検定を取ったからといって、就職で有利になることはありません。

仕事に生かせる資格ではありますが、接客業の場合、資格よりも実務経験のほうが重視されることがほとんどです。

接客業を目指す人は先に資格を取るよりも、近所のコンビニやスーパーといった身近な場所でいいので、まずは接客業に従事することが大切になります。

履歴書への書き方は?

サービス接遇検定の正式名称で取得した時系列準に書く

サービス接遇検定の正式名称は、『文部科学省後援 サービス接遇実務検定』です。

履歴書には文部科学省後援の部分から正式名称で書きます。

取得した資格はできるだけ時系列順に書くことが大切です。

接客業で生かせる資格は他に何かある?

リテールマーケティング(販売士)検定試験

商工会議所主催の資格で、知名度が高いです。

3級は販売員としての知識が問われます。

2級は売り場の管理者レベル、1級は労務やマネジメントなどの幅広い知識が求められるのが特徴です。

営業職に取得を推奨する大企業もあります。

色彩検定

色に関する資格の中ではトップクラスの知名度を誇ります。

ディスプレイをする時に色の知識を生かせすことが可能です。

アパレルなどの商品ディスプレイが必要な職業に就きたい人におすすめできます。

TOEIC

英語に関する資格です。

外国人観光客や労働者が増えているため、接客業なら語学も生かしやすいでしょう。

レストランサービス技能検定

レストランの接客に関する国家資格です。

専門の学校で学ぶや実務経験といった受験資格があります。

レストランで働いているのなら、スキルアップのために受験してもいいでしょう。

資格を履歴書に書いてアピールしよう

サービス接遇検定は評価される資格とはいえませんが、接客業が好きな人にはおすすめできます。

自分はこのような接客に関する資格を取るくらいに接客業が好きとアピールできるからです。

関連記事

サービス接遇検定とは?年収・難易度・勉強方法は? - 大人女子の資格活

サービス接遇検定と接客サービスマナー検定の違いとは?就職に強いのはどっち? - 大人女子の資格活