接客サービスマナー検定とは?年収・難易度・勉強方法は?

f:id:aisakayo:20190213094631j:plain

接客サービスマナー検定とは?

接客業に役立つ資格

顧客対応やクレーム対応といったものの能力を問う資格です。

この検定は接客や顧客対応により、お客様に好印象を持ってもらうための人材育成を目的にしています。

そのため、立ち居振る舞いや接客サービスの基本からクレーム対応なども学ぶことができます。

仕事では役に立つ

出題される問題は敬語の使い方やちょっとした時の対応の仕方を学ぶことができるため実用的です。

接客業で働いているのなら、自分の能力向上に生かすことができます。

試験概要

試験の開催時期

年4回開催。

2月・5月・8月・11月

場所

札幌・仙台・東京・横浜・新潟・金沢・名古屋・京都・大阪・広島・高松・福岡・沖縄。

準1級と1級の面接会場は東京と大阪のみ。

受験資格

受験資格は特になし。

誰でも受験可能。

受験料

【3級】5,000円

【2級】7,000円

【準1級】9,000円

【1級】12,000円

申し込み

接客サービスマナー検定協会のホームページから申し込みが可能。

合否発表

試験日から約3週間で結果が郵送されます。

試験内容

3級と2級は筆記試験。

準1級と1級は筆記試験と実技試験と面接。

合格基準

【3級】100点満点中70点前後の正解

【2級】100点満点中60点から65点前後の正解

【準1級】筆記試験は100点満点中60点から65点前後の正解。実技試験はグループ面接とシチュエーション実技を合計して、60%以上のポイントを獲得。

【1級】筆記試験は100点満点中75点以上の正解。実技試験は個人面接と実技試験を合計して60%以上のポイントを獲得。

難易度・合格率

参考2011年12回

【3級】68.8%

【2級】61.4%

【準1級】1次試験50%

【1級】一次試験42.9%

試験自体の難易度は高くない

全体的に難易度は高くありません。

しっかりと勉強をすれば、何か事情がない限りは簡単に合格すると思われます。

合格までの勉強時間は?

1か月毎日1時間くらい

試験開始の1か月前勉強を開始しても試験に間に合います。

サービス接遇検定の勉強方法は?

公式のテキストと問題集を活用

公式のテキストや問題集が発売されているので、それを読み込んだり、問題を解くことが一番の勉強法になります。

問題自体、難しくないですが、過去問題を解くことで、過去の出題傾向を知ることができるので、おすすめです。

就職

就活で特別有利になるわけではない

接客業におけるマナーを学べる資格ですが、特に就職で優遇されるようなことはありません。

収入

資格手当などがもらえることは少ない

この資格をとっても資格手当がもらえることは少ないため、収入増に結びつきづらい資格です。

関連記事

サービス接遇検定と接客サービスマナー検定の違いとは?就職に強いのはどっち? - 大人女子の資格活