弁理士はどうして理系の人が多いの?

f:id:aisakayo:20190219071024j:plain

弁理士は士業の中でも理系の人が多いという特徴があります。

それを聞くと弁理士の資格を取りたい文系の方は自分が弁理士の資格を取って大丈夫だろうかと心配になるかもしれませんね。

なぜ弁理士に理系が多いのか、文系でも弁理士の資格は取れるのかについてお伝えします。

弁理士に理系が多い理由

ある程度技術的知識が必要

特許の出願をする時、過去に同様の特許がないかどうか調べる必要があります。

そのためには技術的知識が必要になるのです。

弁理士は特許などの出願だけをするというイメージがありますが、ほとんどの弁理士は技術別の得意分野があります。

たとえば、照明装置や半導体といった調子です。

理系技術者の取得も多い資格

企業に勤める理系技術者が知財に興味を持つなどして、取得することも多い資格です。

弁理士の試験には理系の科目があるため、理系の人とも相性のいい資格ともいえます。

なお、文系の人にとっては理系の科目が壁となるため、取得に躊躇する人が少なくありません。

文系の人に弁理士は難しい?

意匠登録など技術的知識の仏要請が少ない分野を狙う

意匠登録はデザインなどです。

そのため、特許のように技術的知識はあまり必要ありません。

文系の人は意匠登録を専門分野にすることで、技術的知識を求めらずに済むでしょう。

知財コンサルティングや知財評価を行う

知財コンサルティングや知財評価は最近できたばかりの新しいジャンルです。

このジャンルでは技術的知識が比較的なくてもやっていけます。

また、英語ができると外国の特許や折衝もできるようになるため、これも武器になります。

多くの弁理士は仕事柄英語は読めても話せないという人も多いので、ビジネスレベルの英語力があるのなら、武器になる可能性はあるでしょう。

就職先の事務所選びは慎重に

事務所ごとに得意分野があります。

そのため、家電などの技術を得意分野にしている事務所を選ぶと、技術的知識が必要になるかもしれません。

多くの事務所がホームページを持っており、得意分野などが書かれているので、応募する前に参考にするのもいいでしょう。

元々、弁理士の求人は厳しいですが、文系の人は事務所選びは慎重にしたほうがいいです。

自分の得意分野を生かせるように頑張ろう

文系の弁理士は理系の弁理士に比べて選択肢がどうしても狭くなりがちです。

しかし、専門性を磨くことで収入に結びつくのも士業の特徴になります。

文系の人は自分の専門性を磨き、スペシャリストになれるように目指しましょう。

関連記事

弁理士とは?年収・難易度・勉強方法は? - 大人女子の資格活