日商PC検定で使うWardやExcelのバージョンは古くても大丈夫?

f:id:aisakayo:20190223090117j:plain

日商PC検定を受験したいけれど、自分が使ってるWardやExcelのバージョンが古いということはありませんか。

古いバージョンは対応しているのかどうか、対応していなくても受験する分には問題がないのか。

色々なことが気になってしまいますよね。

日商PC検定受験に対応しているWardやExcelのバージョンや古いバージョンで試験の練習をしても問題ないかについてお伝えします。

日商PC検定で使うWardやExcelのバージョンは?

文書作成、データ活用、プレゼン資料で対応するバージョンは共通

日商PC検定で対応しているマイクロソフトオフィスは2010、2013、2016です(2019年2月現在)。

どれかを使えれば、受験本番でも問題はありません。

ただ、自分が普段使っているバージョンと試験会場で使われるバージョンが違う可能性はあります。

基本的にオフィスソフトはバージョンが違っても大きな違いがないとはいえ、操作性などの細かい部分で違いはあります。

試験当日に使うバージョンが普段自分が使っているバージョンと違っても、戸惑わないようにしましょう。

対応外の古いバージョンを使って大丈夫?

基本的には問題なし

筆者はマイクロソフトオフィスWardを長い間、使ってきました。

そのため、様々なバージョンのものを使っています。

基本的に、操作方法や画面などはどのバージョンであっても大きな変化はないため、古いもので練習しても問題はありません。

ただし、バージョンによって多少、見た目が変わったり、カーソルなどの操作性が変わるということはあります。

本番の実技試験の時間は案外短いので、自分が使っているバージョンがあまりにも古い場合、試験本番で戸惑う可能性は否定できませんが、そういうこともあまりないと思います。

心配ならスクールで試験対策をするのもあり

多くのパソコンスクールで日商PC検定講座を開催しています。

金銭的、時間的に余裕があれば、最寄りのパソコンスクールのホームページを見たり、問い合わせをしてみるのもいいでしょう。

オフィスソフトを中古で買ってはいけない

購入を検討している方もいるかもしれません。

オフィスソフトは安くはないので、できるだけ値段を抑えて購入したいと思ってはいませんか。

しかし、中古で購入するのはおすすめしません。

中古品の中に違法な方法で売買されているものもあったりしますし、古いバージョンのものはサポート期限が短いものもあります。

たとえば、オフィス2010を中古で買ったとして、マイクロソフトがサポートしてくれるのは2020年までです。

サポート期限がなくなっても使うことはできますが、ウイルスなどの脅威にさらされるリスクが上がるため、インターネットに繋がったパソコンでの利用はおすすめできません。

買うのであれば、オフィスソフトはマイクロソフトのものを買おう!

マイクロソフトオフィスは高価ですが、正規品のものを新品で購入することをおすすめします。

他のメーカーも安価でオフィスソフトは販売していますが、その中には海賊版が紛れ込んでいることもあり、粗悪なソフトの場合、急に使えなくなるというリスクもあります。

マイクロソフトのものが機能的にも操作的にも一番使いやすいです。

テキストを活用して、しっかり勉強しよう!

バージョンが違ったとしても大切なのは合格することです。

合格するためには、試験で使われるオフィスと同じバージョンを揃えるよりもテキストを購入し、同じことを繰り返し勉強したほうが合格への近道になります。

どのバージョンのオフィスソフトを使おうと、試験でやることは同じだからです。

関連記事

日商PC検定とは?年収・難易度・独学は可能?勉強方法は? - 大人女子の資格活