ペットフード販売士とは?年収・難易度・独学は可能?勉強方法は?

f:id:aisakayo:20190301084631j:plain

 

ペットフード販売士とは?

ペットフードを中心に動物についての知識を得られる

一般社団法人ペットフード協会が主催している民間資格です。

ペットフードの栄養・製造・法律を中心に、動物の生態や飼育マナーについて学ぶことができます。

更新が必要な資格

3年に一度の更新が必要な資格です。

この更新により最新のペットフードの情報について知り、理解を高めることができます。

ただし、5,000円と有料です。

ペット業界で働く方のスキルアップに

この資格を取られる方はペットフードをショップで販売している店員やトリマー、獣医、ペットフード製造をしているメーカー、ペット業界を目指す学生が多いです。

ほとんどがペットにまつわる仕事をしているのが特徴になります。

ペットフードを取り扱ったり、仕事柄飼い主にアドバイスをする立場の方ならば、どのような業種であっても役立つ資格です。

ペットフードの販売に資格は必要ありませんが、顧客によっては資格があるという理由で安心して相談できるようになります。

また、資格を得る過程で得た知識により、自信をもって適切で詳細なアドバイスやペットフードを勧めることが可能です。

試験概要

試験の開催時期

4月から受け付け開始。

会場が定員に達し次第、申し込み終了。

6月上旬からテキストの発送を開始。

秋頃に講座と試験を開催。

場所

東京・札幌・福岡

受験資格

  • ペットフードの販売や相談に携わる方
  • 将来ペットフードの販売や相談に携わろうとする方
  • 将来ペットフード業界の発展に寄与したい方

学歴や職歴による制限はありません。

受験料

一般32,000円(受験料29,630円+消費税2,370円)

学生25,000円(受験料23,149円+消費税1,851円)

試験内容

試験以外にも講座受講が必要

受験の申し込みを以下のサイトでしてから、

ペットフード販売士|一般社団法人ペットフード協会

送られてくるテキストで勉強後、講座を受講。

受講と同じ日にテストが実施されます。

試験科目

  • 犬と猫の生理学
  • 基礎栄養学
  • ペットフードについて
  • 関連法規
  • ペットフードの製造・保存
  • 店頭や動物病院でのQ&A
  • 飼育の基礎マナー
  • エキゾチックアニマルについて
  • ペットの効用

合格基準

調べましたがわかりませんでした。

難易度・合格率

調べましたが、わかりませんでした。

他の資格と比べれば、難易度は高くない試験ですが、不合格者もいる試験です。

受験料は決して安くはないので、一発で合格をしたい方はとにかく勉強しましょう。

合格までの勉強時間は?

最低30時間は見積もって

動物好きであれば、そんなに難しい内容ではありません。

ただし、動物好きであっても栄養学や法律など馴染みのない分野も勉強します。

法律といっても宅建や行政書士ほど難しくはないので、しっかりとテキストを読みこむ時間を作りましょう。

愛犬スペシャリストの勉強方法は?

テキストを使って勉強をする

受験を申し込みすれば、講座と試験の開始日約1か月前にテキストが発送されます。

そのテキストを何回も読みこみましょう。

わからない部分はノートにまとめることで覚えやすくなります。

独学は可能?

基本は独学

スクールや通信教育はないので、テキストを使っての独学になります。

試験日当日に講座を受講するからと勉強を疎かにしないようにしましょう。

講座を受講しただけでは不合格になる可能性があります。

就職

就職に結びつきやすいとは言い難い

趣味性の高い資格ではなく、ペット系の仕事であれば活かせる仕事です。

しかし、就職時のアピールに活用できるかと考えたら微妙という評価になります。

知名度が高くない上に、就職で必須レベルの資格ではないからです。

ただ、ペットショップで働きたい人やペットフード製造メーカーに就職したい学生は働きたいという熱意をアピールするために、取得するのもいいでしょう。

収入

資格手当がもらえる仕事は少ない

動物関連の求人をチェックしましたが、ペットフード販売士に資格手当を出すと明記している求人はありませんでした。

関連記事

動物の通信講座4つを目的別に比較しておすすめ - 大人女子の資格活