ペットロス検定とは?年収・難易度・独立開業は可能?勉強方法は?

f:id:aisakayo:20190305093106j:plain

ペットロス検定とは?

ペットロスについての知識を深めることができる検定

主催は日本ペットロス協会の民間検定です。

動物を失った悲しみや落ち込みに苦しむペットロス。

その苦しみから抜け出せない人が少なくありません。

ペットロス検定はペットロスの正しい知識やケアの方法を身につけることを目的に創設された検定です。

愛犬家からペット業界関係者まで幅広く取得

在宅受験ができるため、愛犬家からペット業界関係者まで幅広い方が取得しているのが特徴です。

愛犬家にとっては考えたくない愛するペットのその時ですが、知識として知っておくことも悪くはないでしょう。

試験概要

試験の開催時期

在宅受験のため随時。

ペットロス協会のホームページから申し込み可能。

場所

在宅

受験資格

【4級】なし

【3級】ペットロス検定4級合格者

【2級】ペットロス検定3級合格者

【1級】ペットロス検定2級合格者

受験料

各級ともに5,500円(税込み)

検定用のテキストも同時に申し込む場合は7,000円(税込み)

試験内容

【4級】5つの中から正解を1つ選ぶ5択式。全20問。

【3級】正解の組み合わせを選ぶ複合5択式。全20問。

【2級】正解を記入する記述式。

【1級】 論述式。

合格基準

【4級】100点満点中80点で合格。

【3級】100点満点中80点で合格。

【2級】100点満点中80点で合格。 

【1級】 100点満点中80点で合格。

難易度・合格率

1級以外の合格率は80%で高い

1級の合格率は30%と低く、難しいです。

しかし、それ以外の級では80%の合格率になっていて、2級・3級・4級は簡単といえます。

合格までの勉強時間

4級から2級までは1ヶ月1時間から2時間くらいの勉強をしよう

30時間から50時間以上を目安に勉強をすれば、合格できるでしょう。

1級の場合は自分の見解を述べなければいけないため、勉強時間というよりは自分できちんと見解を述べることができるかどうかです。

勉強方法は?・独学は可能?

主催団体のペットロス協会のホームページからテキストを購入して勉強することが基本の勉強方法になります。

スクールや通信教育はないので、基本は独学です。

就職・収入・独立

この資格だけでは仕事は成り立たない

ペットロス検定の知識は有益なものです。

ペットロスのクライアントの理解を深めたいカウンセラーからペット業界関係者、愛犬家と様々な動物や飼い主と関わる人に向けられたもの。

しかしながら、これはペットロスに関する知識を証明するものであり、就職や独立に結びつくようなものではありません。

ペットロスカウンセラーになりたいのなら、臨床心理士や民間団体主催のカウンセラーを取得することが必要です。

ペットロス検定を主催するペットロス協会ではペットロス・カウンセラー養成講座もあります。

カウンセラーを目指したいのなら、ペットロス・カウンセラー養成講座を目指すのがいいでしょう。

 関連記事

ペットロスカウンセラーとは?年収・難易度は?勉強方法は? - 大人女子の資格活

動物の通信講座4つを目的別に比較しておすすめ - 大人女子の資格活