動物看護士とは?年収・難易度は?勉強方法は?

f:id:aisakayo:20190308092746j:plain

動物看護士とは?

動物の医療的知識以外にも色々な知識を持った専門家

動物看護士は一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会が主催している民間資格です。

学ぶ内容は動物看護士らしく動物の生理学や解剖学が多いです。

この資格は認定を受けた専門学校やその専門学校が行っている通信教育で取得することができます。

スクーリングへの出席が必要なので、時間がない社会人には少々ハードルが高いです。

病院以外にも様々な業種で活躍している

グルーミングやしつけの基礎も学べるため、動物病院以外でも働く方は少なくありません。

水族館や動物園といった施設やペットホテルといった場所になります。

また、医療的サポートが必要な犬のしつけをするために、動物看護士の資格を取るドッグトレーナーの方もいるようです。

試験概要

試験の開催時期・場所

【マスターライセンス】専門学校で課程を修了。専門学校の通信講座の場合、在宅受験も可能。

【動物看護士インストラクターライセンス】実技課程を修了。

受験資格

【マスターライセンス】特になし

【動物看護士インストラクターライセンス】マスターライセンスを取得 し、実技スクーリングに出席したもの。

受験料

【マスターライセンス】受験料 0円、交付料 6,000円(税込み)

【動物看護士インストラクターライセンス各級共通】受験料 5,400円(税込み)、交付料 8,100円(税込み)

合格基準・難易度・合格率

調べましたがわかりませんでした。

合格までの勉強時間・勉強方法は?・独学は可能?

専門学校に行ったり通信教育の受講必要

この資格を取るためには、専門学校に通ったり通信教育の受講が必要です。

合格までの勉強時間も認定された専門学校やその専門学校が行っている通信教育のカリキュラムごとに違います。

通信教育でも一定時間数のスクーリングの受講が必要なので、時間に余裕がない方は厳しいかもしれません。

就職

資格を歓迎する病院もあるが必須ではない

動物看護士の資格自体が民間資格なので、この資格がなければ働けないということはありません。

ただし、資格があれば基礎知識は身についているとみてもらえるので、歓迎している病院もあります。

しかし、動物看護士はなってからも新しい薬などを勉強することや覚えることも多く、資格の取得はゴールにはなりません。

まずは求人に応募することが大切

専門学校に行けば、就職を斡旋してもらえる場合もありますが、資格を取るにはかなりの費用も掛かります。

通信教育でも最低10万円は見積もらなければいけません。

そのため、金銭と時間的に余裕がないけれど、動物看護士になりたいという方は、まずは動物病院の求人に応募することから始めてもいいでしょう。

病院以外で働くケースも

動物看護士だからといって、活躍の場は病院だけではありません。

この資格は数あるペット系の資格の中の1つという位置づけでしかないということです。

ただ、資格を取得するための勉強で得た知識は、幅広いペット関連の仕事で役立てることができるので、取得は無駄ではないということです。

収入

動物業界は基本は3K

動物業界は基本的に3Kであり、収入が低いという実態があります。

そのため、結婚などにより妻子など自分以外の人間を養うことも多い男性の定着率は低く、女性が多いです。

仕事内容も動物たちの排せつ物の処理や看取り、患者の対応などキツイことも多く、労働内容と収入が見合わないと思う方も少なくありません。

動物が心から好きと思えなければ、続けることができない仕事です。

関連記事

動物看護士になるには?中卒でもなれる? - 大人女子の資格活

トリマーと動物看護師の年収はどちらがいい? - 大人女子の資格活

認定動物看護師とは?年収・難易度は?勉強方法は? - 大人女子の資格活

動物看護師と動物看護士の違いって何? - 大人女子の資格活

動物看護師の通信講座は受講しても意味がない? - 大人女子の資格活

ペット看護士とは?年収・難易度は?勉強方法は? - 大人女子の資格活

ペット看護士と動物看護師の違いは? - 大人女子の資格活

動物の通信講座4つを目的別に比較しておすすめ - 大人女子の資格活