通信教育の中では質が高い『クレアールの初学者向け行政書士講座』とは?

f:id:aisakayo:20190427073937j:plain

画像クレアールより

クレアールとは?

法律系の資格通信教育学校

クレアールは法律系の資格に特化した通信教育スクールです。

かつては通学スクールもありましたが、行政書士については現在は通信教育専業になっています。

最小の労力・最小の期間で一回の受験で合格という理想の合格を目指しているのが特徴です。

他の通信教育会社より宣伝費をかけていないためか知名度は劣りますが、通信教育の中では評判は悪くありません。

クレアールの初学者向け行政書士講座は?

2019年合格目標 カレッジコース

初学者向けの行政書士講座で、試験の合格に必要なことを学んでいきます。

クレアールはインプットともアウトプットともに通信教育の中では豊富で、特に出題数が多い民法と行政法に重点を置いているのが特徴です。

民法や行政法以外にも記述対策もあったり、公開模試もあります。

インプットとアウトプットを繰り返すことで、合格レベルの実力を身につけることが可能です。

2019・20年合格目標 カレッジ2年セーフティコース

2019年合格目標 カレッジコースにもう1年加えたコースで,2019年度と2020年度の試験に対応しています。

1年目で合格できる人は少数なので、2年越しで合格を目指したい人にはおすすめのプランです。

2019年の試験で合格した場合、2020年度分のお金は返金されるので、損はしません。

講座詳細を知りたい方は下記リンクから

クレアール行政書士講座
今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。

どのように学習を進めていくの?

非常識合格法で作られたプログラム

クレアールは非常識合格法という合格するための学習法を提唱しています。

これは合格に焦点を絞り、得点の高い分野を優先して覚えることで、効率よく合格しましょうというもの。

行政書士講座も合格に重点を置いて、ギリギリ合格できる180点の得点を目指すために作られているのが特徴です。

学習範囲が絞られているため、時間のない社会人でも学びやすいというメリットがあります。

映像講義をウェブ受講し、アウトプットを繰り返す

講義映像とテキストでインプットを行い、模試と答練でアウトプットを行います。

この2つを繰り返すことで知識を定着させるのが基本の学習法です。

行政書士は合格のための学習範囲を絞っても、かなり学ぶことが多いという特徴があります。

そのため、時間のない社会人も学びやすいといっても週に10時間以上の学習時間の捻出は最低必要になります。

クレアールで学ぶメリットは?

東京水道橋本館の自習室を利用可能

東京やその近辺で受講している方限定のメリットですが、東京水道橋本館には自習室があります。

受講生はその自習室を利用することが可能です。

講座の音声をダウンロードできる

行政書士は合格のために必要なだけの学習範囲に絞ってもかなりのボリュームがあります。

そのため、いかに日常生活でインプット量を増やすかが重要です。

家事や移動といった単純作業の間に繰り返し、聞くことでインプットを効率よく行えます。

また、倍速再生も可能なので、慣れてきたら倍速にして、さらにインプット量を増やすことが可能です。

講義動画はプラットフォームを選ばず閲覧可能

講義動画はwin、ios、Android、Macでも視聴可能です。

プラットフォームを選ばないので、お手持ちの端末から見ることができます。

クレアールで学ぶデメリットは?

料金体系がわかりづらい

クレアールのカレッジコースは普通に受講すれば21,000円ですが、年中キャンペーンやらをしているので実際の受講料は5万円台で収まることも少なくありません。

セーフティコースの場合は69,000円です。

キャンペーンをしていなくても資料請求をすれば、クーポンをもらえることもあるので、申し込む前に必ず資料請求をすることをおすすめします。

クレアール行政書士講座・資料請求フォーム

テキストが昔ながらの2色刷り&文字が多め

f:id:aisakayo:20190426084653j:plain

画像クレアールより

2色刷りでも文字が多くても問題ない人にとっては全くデメリットではありません。

しかし、カラフルなテキストがいいという人にとってはモチベーションが落ちてしまうかも。

ただ、他社の通信教育の中にはテキストはカラフルで見やすいけれど、誤字脱字が多いし、情報量も少なく、学習の役に立たないというものもあります。

クレアールのテキストは通信教育の中では誤字脱字も少なく、情報量もそこそこですから、テキストとしてきちんと使えます。

クレアールで合格するためには?

何回同じ事を繰り返せるかが大切

行政書士試験はインプットとアウトプットの繰り返しが大切です。

クレアールをはじめ、通信教育は合格のために良く出題される範囲だけ勉強など学習範囲を絞っています。

そのため、合格のためにはクレアールのカリキュラムは最低限、覚えなければいけないものです。

余裕があればインプットとアウトプット量を増やして!

クレアールやスタディングといった通信教育は勉強時間の捻出が難しい社会人に向けて、ギリギリでも合格するというコンセプトで作られています。

ここまではいいのですが、行政書士試験は年によって合格基準について補正的措置を加えることがあるのです。

そのため、ギリギリ合格を目指すと、補正的措置による不合格のリスクも背負うということになります。

余裕があれば、過去問や伊藤塾、大原といった大手の問題集を解いて、さらにアウトプットとインプットを行うことがベストです。

クレアールで学ぶのに向いている人は?

通信教育で費用を抑えながら、最低限のフォローは欲しい人

費用面だけを考えれば、スタディング(旧通勤講座)のほうが安いです。

しかし、スタディングは質問をすることができないため、学習の疑問を自分で検索しなければいけませんし、模試もありません。

一方のクレアールは質問もできますし、自宅受講とはいえ公開模試もあります。

必要最低限のフォローが欲しい人にはスタディングよりクレアールのほうがおすすめです。

まずは資料請求をしよう!

クレアールは通信教育で学びたい人にとっては価格・サービス・教材の質ともに悪くはありません。

通学ができないので、通信教育で学びたいという方はぜひ資料請求をしてみましょう。

資料請求は下記から

クレアール行政書士講座・資料請求フォーム

資料請求の前に講座詳細を確認したい方は下記から

クレアール行政書士講座
今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。