社会人の初学者向け行政書士のスクールや通信教育4つを比較

f:id:aisakayo:20190122065428j:plain

行政書士の資格を取りたいけれど、スクールや通信教育がたくさんあって、どれを選べばいいか困ってしまう人は少なくありません。

そのような方のスクール選びの参考になればと思い、ネットの口コミなどを調べ、当サイトおすすめのスクール情報についてまとめました。

法律系の伝統校・伊藤塾(通学・ウェブ受講の両方あり)

ウェブ受講者も直接講義を受講するチャンスがある

伊藤塾は法律の資格に強い伝統校で、多くの合格者を輩出しているのが強みです。

しかし、学校は東京と大阪にしかありませんが、ウェブで受講することができます。

また、ウェブ受講者も機会があれば、直接講義を受けることができるため、東京や大阪に行った時に講義を受けるチャンスがあるのもメリットです。

学習カウンセリング付きで勉強のモチベーションを維持しやすい

伊藤塾は授業を教える講師の他に、学習スケジュールや学習方法の相談にも乗るパーソナルトレーナー講師も採用しています。

学習につまずいたら、講師に相談することで最適な学習スケジュールの立て直しが可能です。

独立開業を目指す人には人脈形成にもなる

伊藤塾には秋桜会と呼ばれるOBやOGの会があり、有資格者と繋がることができるのも大きな強みです。

士業の仕事の取り方の特徴として、同業者や士業同士で仕事を融通しあうというものがあります。

そのため、独立することが多い行政書士にとって、人脈を作ることも独立を成功させるためには必要なことです。

開業前提に資格取得を目指している人は、簡単に人と繋がるチャンスを得られる伊藤塾は魅力的です。

伊藤塾についてさらに詳しく知りたい方

下記の記事で伊藤塾についてさらに詳しく書いています。

短期間で合格を目指せる質の高さが売りの伊藤塾の初学者向け行政書士講座とは?

サイトで講座詳細を確認したい方は下記のリンクからどうぞ。

「時間のない社会人」向けの行政書士試験対策講座の決定版!

老舗の資格取得学校・東京法経学院(通学・通信の両方あり)

法律系老舗学校

東京法経学院は土地家屋調査士の合格率の高さに定評があり、有名です。

しかし、行政書士講座でも合格者を輩出していて、実績があります。

現在はスクール以外にも教材販売や雑誌や書籍の発行も行うなど様々な活動をしているのが特徴です。

受講タイプで料金が変わる

総合コース+DVDタイプなら185,199円、総合コース+WMV映像ダウンロードタイプなら157,400円と教材のタイプにより料金が変わります。

DVDもダウンロードもつかない教材学習タイプなら105,500円なので、映像で学習するのが苦手な人や安く抑えたい人にもピッタリの講座です。

講義に欠席してもDVDを見ることが可能

講義は全て録画しています。

そのため、通学生の場合、講義を欠席してしまったり、あとで見返したいと思ったら、希望をすれば、あとで見返すことが可能です。

東京法経学院についてさらに詳しく知りたい方

下記の記事で東京法経学院についてさらに詳しく書いています。

高品質で評判がいい老舗系法律スクール『東京法経学院の初学者向け行政書士講座』とは?

サイトで講座詳細を確認したい方は下記のリンクからどうぞ。

行政書士試験合格サイト 東京法経学院

オンライン受講に特化した・スタディング(ウェブ受講限定)

徹底してコストカットを行い格安で受講できる

スタディングはコストカットを徹底することで、初学者向け講座で39,980円という破格の安さで受けることが可能です。

通学のスクールは10万円台から20万円、通信教育は4万円台から5万円台が多く、スタディングの安さは驚異的と言えます。

安すぎて不安に思うかもしれませんが、受講者は20,000人を突破し、多くの社会人が受講しています。

隙間時間にネット環境だけあればいい

スタディングの特徴はネット環境さえあれば、いつでもどこでもインプットとアウトプットができること。

講義の動画もテーマを絞り、1本10分以内という短いものなので、集中力がなくなる前に見終わることが可能です。

動画が短いので、通勤通学中でも下車する前に見終わることができます。

勉強する時、紙の教材などは必要ないため、余計な荷物が増えることもなければ、筆記具で手が汚れることもありません。

紙のテキストもあります

紙のテキストも欲しいという方は冊子付の講座もあるので、ウェブとアナログを併用することが可能です。

ウェブのディスプレイはどうしても目に負担がかかり疲れやすいという欠点がありますし、通信量も心配。

紙のテキストとウェブを上手に活用することで、お互いのメリットを生かし、デメリットを補い合うことが可能です。

スタディングについてさらに詳しく知りたい方

下記の記事でスタディングについてさらに詳しく書いています。

 コスパを重視したい行政書士初学者におすすめの『スタディングの行政書士講座』とは?

スタディングで資料請求をする

スタディング 行政書士講座

非常識合格法がウリの通信教育・クレアール 

非常識合格法がウリ

クレアールが提唱している非常識合格法は合格必要得点範囲を効率よく学び、身につけるというものです。

ギリギリでもいいから合格しようというコンセプトで作られているため、学習範囲が絞られています。

これは最近の社会人向け資格学習の定番の戦法です。

クレアールの教材は絞り過ぎていないが学ぶ範囲を広げ過ぎていないという学習範囲になります。

セーフティコース申し込みなら初年度の受験料はクレアール負担

セーフティコースとは2年かけて合格を目指すコースです。

このコースに申し込まれた方は、1年目の受験料はクレアール側が負担してくれます。

受講者の受験料の実質的負担は2年受験しても1年だけなので、少しだけお得です。

1年目で合格できる方は少ないですし、勉強に2年かけてもいい方はおすすめのプランになります。

クレアールについてさらに詳しく知りたい方

下記の記事でクレアールについてさらに詳しく書いています。

通信教育の中では質が高い『クレアールの初学者向け行政書士講座』とは?

クレアールで資料請求をする

クレアール行政書士講座・資料請求フォーム

初学者向けの行政書士講座のおすすめは?

当サイトでは通学できるのであれば、伊藤塾か東京法経学院の資料を請求したり、学校見学をして自分の好みのほうに通う。

通信であれば、スタディングかクレアールの資料請求をして自分好みのほうを選ぶのがおすすめです。

学校や教材、動画講義にはどうしても好みがあるため、自分の好みのものを見つけることが大切。

教材はサイトや資料請求でサンプルを読めますし、動画講義のサンプルもユーチューブなどでも確認可能です。