情報セキュリティマネジメントとは?合格率や難易度は?

f:id:aisakayo:20190508090530j:plain

情報セキュリティマネジメントとは?

2016年に新設されたIT系の国家資格

情報セキュリティのマネジメントを行える人材であることを証明する資格です。

組織を脅威から守るための計画立案などで貢献をすることを目指します。

情報セキュリティが必要な部署や職業で役立つので、幅広い業種で活用できるでしょう。

ただし、現状では就職などで有利になる資格とは言えないので、職場で必要になってから取得しても遅くはありません。

ITパスポートからのステップアップに

ITパスポートのステップアップとして想定して作られた資格です。

そのため、ITパスポートを取得して、新しく資格を取りたい方にもおすすめできます。

試験概要

試験の開催時期

春季(4月)と秋季(10月)

受付期間

試験の約3か月前から2か月前まで受け付け。

試験の開催場所

全国各地。

1都道府県に最低1か所は試験会場があります。

受験資格

特になし。

受験料

5700円

申し込み方法

申し込み方法は2種類あります。

  • 情報処理推進機構のホームページ
  • 案内書・受験案内書の願書を郵送

結果発表

合格証書を個人に郵送。

官報にも掲載。

試験内容

試験は午前と午後に掛けて行われます。

【午前】90分。多肢四択式50問。

【午後】90分。多肢四択式3問。

合格基準

100点満点中60点で合格。

難易度

難化傾向だが、難しくはない

試験は初実施された2016年度の合格率が高すぎると批判を浴びてから、少しずつ難易度が高くなっています。

それでも、IT系の試験では難しい試験ではありません。

合格率

合格率は5割前後

参考までに平成30年度の合格率を掲載します。

【平成30年度春季】受験者14,749人、合格率53.7%

【平成30年度秋季】受験者15,579人、合格率46.3%

合格までの勉強時間

最低30時間は見積もりたい

ある程度のネットスキルがあれば、最低30時間程度の勉強時間で合格に近づくとされます。

ただ、確実に合格をしたいのであれば、50時間から100時間は勉強時間を見積もりましょう。

難易度は高くないとされる資格ですが、確実に合格するためには約半年程度は余裕を持って勉強スケジュールを立てることが大切です。

勉強方法は?

市販のテキストや問題集をやりこむ

基本的に勉強方法は市販のテキストや問題集を1冊暗記するくらいにやりこむことです。

市販の問題集の中には午前の部にしか対応していないものもあるため、午前午後の両方に対応しているものを用意しましょう。

就職

特別有利にはならない

ネットセキュリティに関する資格ですが、就職で有利になるとは言えないのが実情です。

ネットセキュリティマネジメントができるエンジニアやコンサルタントの求人は多くありますが、この資格は必須ではありません。

そのため、特にマネジメントなどに関わらない場合やエンジニアを目指す場合、基本情報技術者を目指すほうが無難になります。

将来的には有望の可能性も……

情報セキュリティは現在、重要視されているため、今後、この資格も重要になっていくのではないかといわれています。

ただし、現状ではさほど重視されている資格とはいえないので、就職や転職を見据えるのなら、違うIT系の資格を取得したほうがいいでしょう。

年収

普通のエンジニアやコンサルタント程度

就職の必須資格ではないため、年収に関しても、エンジニアやコンサルタントとしての平均的な収入であることがほとんど。

資格手当がつく職業も少ないです。