基本情報技術者試験とは?合格率や難易度は?履歴書への書き方は?

f:id:aisakayo:20190512074339j:plain

基本情報技術者試験とは?

ITエンジニアの初歩の国家資格

基本情報技術者試験はITエンジニアの初歩的な技術力を証明する国家資格になります。

更に初歩的なIT系国家資格としてはITパスポートがありますが、こちらはエンジニアというよりはネット利用をする万人向けの資格です。

踏み台として使える資格

基本情報技術者試験はあくまで初歩的な資格であり、これだけでは就職に有利とはいえません。

ただし、この資格で基礎を身につけることができるので、応用情報処理技術者試験などのレベルの高い別の資格の踏み台として有効。

いきなり応用情報処理技術者試験など難易度が高い資格を受験しても挫折しやすいです。

そのため、基本情報処理技術者試験合格を手近な目標にして、ステップアップしていきましょう。

試験概要

試験の開催時期

春季(4月の第3日曜日)と秋季(10月の第3日曜日)の年2回。

受付期間

試験の約3ヶ月前から2か月前。

試験の開催場所

全国各地。

受験資格

特になし。

受験料

5,700円(税込み)

申し込み方法

情報処理推進機構(IPA)のサイトから申し込みが可能です。

他にも郵送で申し込みができます。

結果発表

試験日約1か月後にIPAのサイトから確認可能。

合格証書を簡易書留で個人に郵送。

不合格者には何も郵送されません。

午前試験の免除について

情報処理推進機構(IPA)の認定講座を受講後、修了試験に合格することで午前試験が免除されます。

試験内容

マークシート方式で出題

【午前の部】9時30分から12時(150分)。出題数80問回答数80問。

出題ジャンルは「テクノロジ系」「マネジメント系」「ストラテジ系」

【午後の部】13時から15時30分(150分)。出題数13問回答数7問。

出題ジャンルは「情報セキュリティ」「ハードウェア、ソフトウェア、データベース、ネットワーク、ソフトウェア設計、プロジェクトマネジメント、システム戦略、経営戦略/企業と法務(この中から4問を選択)」「データ構造とアルゴリズム」「ソフトウェア開発」

合格基準

午前の部も午後の部も正答率60%で合格。

難易度

ITエンジニアの入門的試験だが、簡単ではない

基本情報処理技術者はITエンジニアの登竜門のような試験とされています。

登竜門の割には合格率は3割を切るので、簡単な試験ではありません。

独学合格者も多い試験ですが、勉強時間はしっかりと確保する必要があります。

合格率

毎年20%から25%の間

例年の合格率は20%から25%の間が多いです。

ただし、年によっては30%近くになることもあります。

合格までの勉強時間

最低100時間は見積もって

基本情報処理技術者試験の勉強時間は最低でも100時間を見積もらなければいけません。

ただし、合格者の多くが180時間ほどの勉強時間で合格しているようなので、最大で約200時間の勉強時間は確保したいです。

勉強方法は?

基本は参考書を読むことと問題を解くことの繰り返し

基本情報処理技術者の試験の基本は参考書でインプットをしながら、問題を解くというアウトプットを繰り返すことです。

参考書だけを読んでも問題を解けるようにはならないため、アウトプット量が大切になります。

特に、問題演習はどうしても時間がかかるので、休日を利用するなどしてまとまった勉強時間を確保することも大切です。

履歴書への書き方

基本情報処理技術者試験合格と書こう

履歴書には基本情報処理技術者試験合格と書きます。

取得という言葉ではなく、合格という文字を使うのは、資格名に試験とついているからです。

就職

基本情報技術者試験が必須級の職業はないが、IT系ではないよりマシ

基本情報技術者試験はあくまでも初歩的なレベルのため、ITの知識や理解がある程度にしか受け取ってもらえません。

しかし、IT系を目指すのではあれば、あったほうがいいです。

就職に有利なIT系の資格を目指したいのなら、この資格を踏み台にして、高度情報処理技術者試験などに挑戦しましょう。

年収

給料にはあまり反映されない

資格手当がつく職場もあるでしょうが、エンジニアとして働くのならば、普通のエンジニア程度の給料に留まることがほとんど。

関連記事

基本・応用情報技術者試験はプログラミングの知識がなかったり、文系でも合格できる?