ITストラテジスト試験とは?合格率や難易度・勉強方法について

f:id:aisakayo:20190523081348j:plain

ITストラテジスト試験とは?

ITを活用した経営サポート能力を問う資格

ITストラテジストはITを活用して、企業の戦略などを策定する専門家です。

ITの能力を持ったコンサルタントや経営に携わる人向けの資格になっています。

コンサルタントや経営に関する業務ではありますが、現場に指示を出すといった仕事も含まれるため、ITストラテジストもSEとしての技術力が必要となります。

午前Ⅰが免除になる

応用情報技術者試験や高度試験に合格して2年以内(合格した年も含めて)であれば、午前Ⅰ試験が免除されます。

試験概要

試験の開催時期

年1回。

毎年10月第3日曜日実施予定。

受付期間

7月中旬から8月中旬。

試験の開催場所

全国各地。

受験資格

特になし。

受験料

5,700円(税込み)

申し込み方法

情報処理推進機構(IPA)のサイトから申し込みが可能です。

他にも郵送で申し込みができます。

結果発表

試験日約1か月後にのサイトから確認可能。

合格証書を簡易書留で個人に郵送。

不合格者には何も郵送されません。

試験内容

マークシート方式と論文

午前Ⅰと午前Ⅱはマークシートによる回答。

午後Ⅰは記述式、午後Ⅱは論文形式です。

合格基準

午前Ⅰ・Ⅱ、午後Ⅰは100点満点中60点以上。

午後ⅡはA判定。

難易度

情報処理技術者試験の中では最高難易度

ITストラテジスト試験の難易度が高いため、一年目に合格できなかったという人も多いです。

中小企業診断士など一部の資格と学ぶ科目が重複するので、その資格を持っている方は多少難易度が下がります。

合格率

例年14%前後

情報処理技術者試験の中では合格率が低いです。

午後Ⅱの論文が難問となっているのでしょう。

合格までの勉強時間

50時間から100時間

50時間から100時間ほどの勉強時間で合格される方が多いです。

この試験は社会人の受験者が多く、職業によっては試験内容が簡単に感じるため、20時間程度の勉強で済む方もいます。

実務経験があったほうが午後Ⅱも書きやすいため、勉強時間も減りやすいです。

勉強方法は?

午前の部と午後Ⅰは過去問を繰り返すこと

難易度の高い試験と言われていますが、基本的に午前の部と午後の部は過去問題から多く出題されます。

そのため、基本の勉強方法は過去問を周回することで、合格圏内に近づくことが可能です。

午後Ⅱは事前準備が必要

午後Ⅱは論文形式となり、二時間の間に原稿用紙約6枚分を書かなければいけません。

ぶっつけ本番で考えていたら時間切れになってしまうため、事前にある程度は考えておくことが大切です。

午後Ⅱの対策本を参考に、ネットで情報を集め、事前にある程度書く内容を決めておきましょう。

就職・転職

ITコンサルタントや戦略企画系の職に有利

IT系の経営に関する資格のため、IT関連のコンサルタントや戦略企画系の求人があります。

高学歴系の職業なので、高卒の人はとっても採用されない可能性が高いです。

英語力を求める企業もあるので、さらにスキルアップやキャリアアップを目指したい人は英語力を磨くのもいいでしょう。

年収

最低は400万円前後から

出来高払いのコンサルタントなら年収1000万円も夢ではありませんが、400万円から600万円の間というところが多いです。