ネットワークスペシャリスト試験とは?合格率や難易度・勉強方法について

f:id:aisakayo:20190606085628j:plain

RRiceさんによる写真ACからの写真

ネットワークスペシャリスト試験とは?

ネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアとしての技術力を証明する資格

強固なネットワークを構築し、運用できる人材を目指すのがネットワークスペシャリスト試験になります。

そのため、ネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指している方に最適な資格になります。

逆に、ネットワークを専門にしないやするつもりがない方には不要の資格です。

未経験者の方にはおすすめしない

IT系への就職や転職を目指す方がこの資格を目指すのはお勧めしません。

実務経験者向けの資格のため、難易度が高いです。

未経験者は基本情報技術者試験や応用情報技術者試験をに受験してから、自分の専門としたい分野を受験しましょう。

試験概要

試験の開催時期

年1回。

毎年10月第3日曜日実施予定。

受付期間

7月中旬から8月中旬。

試験の開催場所

全国各地。

受験資格

特になし。

受験料

5,700円(税込み)

申し込み方法

情報処理推進機構(IPA)のサイトから申し込みが可能です。

他にも郵送で申し込みができます。

結果発表

試験日約1か月後にのサイトから確認可能。

合格証書を簡易書留で個人に郵送。

不合格者には何も郵送されません。

試験内容

マークシート方式

マークシートによる回答。

合格基準

午前Ⅰ・Ⅱ、午後Ⅰ・Ⅱは100点満点中60点以上。

難易度

情報処理技術者試験の中では最高難易度

IPA主催の試験の中でも合格率が低いという特徴があります。

ただ、基本的に過去問題も多いので、過去問題を解くことも合格へのカギです。

合格率

例年10%前後

例年10%の合格率なので、難易度は高いです。

IPAが主催する他の資格と比較しても合格率が低いという特徴があります。

合格までの勉強時間

50時間から100時間

すでにエンジニアとして働いている方が多く受験されているため、勉強時間が最大でも100時間で収まる方が多いです。

未経験者の場合は基本情報技術者試験からレベルアップしていくなどやり方を変えたほうが無難です。

勉強方法は?

過去問を繰り返すこと

IPA主催の試験は基本的に過去問題から多く出題されます。

そのため、過去問題を繰り返し解くことが午前の部と午後Ⅰの合格への近道となります。

午後の部は難易度が上がりますが、基本は予想問題や過去問題を解くことが大切です。

就職・転職

ネットワークエンジニアとして就職に有利

ネットワークに特化した資格のため、ネットワークエンジニアを目指す方にとっては有意義な資格です。

学生や未経験者の場合は自分の目指す分野がネットワークエンジニアでいいのかどうかを考えましょう。

年収

最低は400万円前後から

 ネットワーク関係は需要があるため、求人もあります。

年収は地域にもよりますが、400万円からというところが多いです。

大企業では大卒以上の学歴も必要ですが、500万円以上もあります。